津市PRキャラクター シロモチくん
当サイトでは三重県津市のPRキャラクター・シロモチくんの紹介やこれからの活躍などを詳しく紹介していきます。
プロフィール
「白い三つ丸餅の旗」の精霊
藤堂高虎公がまだ若く貧しい頃、餅屋の商品をつまみ食いをしてしまったのに、餅屋のご主人は
優しい言葉をかけて下さり、それに感謝した高虎公が"人の情けを忘れないように"と、藤堂家の旗印を
「白い三つ丸餅」とした。シロモチくんはその旗から生まれた精霊。
伊勢神宮への参宮街道を城下の市街地まで引き入れる等、人々の交流によって津の街の繁栄に
努めた高虎公が伊勢の国(現在の三重県)へと入府して400年の節目となった2008年に
高虎公が描いた夢の津市の手伝いをもっとしたいと、津城下町に現れたようだ。

いつも『うさ耳兜』を被っている
高虎公愛用の黒漆塗唐冠形兜(クロウルシヌリトウガンナリカブト)をモチーフにした兜で、
本人は"うさ耳兜"と呼んでいる。予備がいくつもあるようで、時々色や形が変わったものを被り、
オシャレを楽しんでいるようだ。津では珍しい大雪が降ったある日、嬉しさで一杯になり、急いで外に飛び出した時、
"うさ耳兜"と間違えて"ポリバケツ"を被って外に出て、雪だるまと間違われたことがあるらしい。

最近気にしていること
一部で"メタボリックきゃら"と言われているのをとても気にしているようで、最近
腹筋運動を始めたとの事だが、お腹がつかえてどうもうまくいかないらしい。
いつも友達のハンゾーくんには、「腹が減っては戦が出来ぬ」などと言っているが、
「そんなに食べたら動けなくナルゾ〜!!」と注意をされてる。
ちなみに1段目は粒あん、2段目はこしあん、3段目は津名物のイチゴ大福で
出来ているとのうわさも。
シロモチくん シロモチくん